唾液は健康にも良いの?唾液を出すメリットがスゴイ

唾液は健康にも良いの?唾液を出すメリットがスゴイ

・自分の口臭って確認できるの?

 

○口臭は自分では気づかない!

 

他人の口臭が気になったことってありませんか?

 

口臭は近づかないと気づかないものではありますが、向かい合って話している時に「この人口が臭いな…」と感じた事があるという方は少なくはないでしょう。

 

でも、口臭って自分では気づくことがないんです。

 

基本的に、自分の体臭は気づきにくいものです。
自分自身の香りには慣れてしまうので鈍感になってしまいますし、口臭は外に発するものなので自分自身で口臭が臭いと感じることはなかなかありません。

 

だからこそ、他人の口臭が気になっても、自分の口臭が臭いと感じることはありません。

 

しかし、口臭はとても重要なものです。
社会で生きていく上で、他人と向かい合って話すという場面は沢山あります。そんな時に口臭が臭いと、どれだけ見た目がハンサムでも、清潔感にあふれていても、口臭が臭い不快な人というイメージがついてしまうかもしれないんです。

 

知らない間に他人を不快な思いにさせてるかもしれないなんて怖いですよね。

 

自分の口臭、気になりませんか?
実は、口臭をセルフチェックできる方法があるんです。

 

 

○日常生活から自分の口臭をチェックする

 

健康的な生活を送っている人であれば、口臭がしない方が多いでしょう。健康的な体内環境であれば、体内に老廃物も蓄積せず、汚れもなく、体臭や口臭が気になることもありません。

 

しかし、不規則な生活を送っていると口臭が悪化しやすいみたいですね。

 

ちなみに、口臭の注意が必要なのは以下の人たちです。

 

・口内が汚れている人

 

口内がべたべたしていたり虫歯があったり歯石が残っている人は注意が必要です。

 

口内が汚れていれば当然口臭も悪化してしまいます。
普段から歯磨きが不十分な人は、口内に食べ物のカス等が蓄積して、口臭の原因となっているんです。
また、歯茎から血が出やすい人も注意が必要です。
口内ケアが不安な人は、一度歯医者に行ってケアをしてみてはいかがでしょうか。

 

虫歯がなくても定期的な検診は大切ですし、普段の歯磨きだけでは落とすことが出来ない歯石もしっかりと落としてくれます。

 

・香りの強い食べ物を好む人

 

食生活が原因で口臭が悪化している人はとても多いそうです。

 

香りが強い食べ物といえば、にんにくですよね。
ほかにも、キムチ、にら、たまねぎ、納豆を好んで頻繁に食べる人は口臭に注意をしてください。

 

飲み物の場合はお酒やコーヒーが香りが強く、口臭に影響を与えるといわれています、

 

お酒は、お酒そのものの香りではなく、アルコールを摂取したことによって体内でアセトアルデヒドが発生し、呼吸に混じり排出されるため口臭が悪化してしまいます。
コーヒーもコーヒー自体の香りはもちろん、利尿作用の影響で唾液の分泌量が減り口臭が悪化してしまうそうです。

 

口臭が悪化しやすい食品を好んで食べる人は、食生活に気をつけてみてはいかがでしょうか。

 

・胃腸が荒れている人

 

胃腸が荒れている人も口臭が臭くなりやすいといわれています。

 

たとえば、胃炎や胃潰瘍の人は、胃の中に消化できなかった食べ物が蓄積し、発酵し、口臭の原因となってしまうでしょう。

 

逆流性食道炎、十二指腸潰瘍をわずらっている人も口臭が悪化しやすいです。

 

もちろんこれらの病気でなくても胃腸が荒れていると口臭に影響を及ぼすそうです。

 

 

★自覚症状がなかったとしても、これらに該当する人は口臭が臭い可能性が高いんです!注意をしてください。

 

 

○簡単にできる!口臭セルフチェック方法

 

口臭が悪化しやすい人はどんな人かわかりましたか?
けれどもこれはあくまで、口臭が悪化しやすい人の一部です。
実際に自分の口臭をかがないと、臭いかどうかなんてわかりませんよね。

 

自分自身でチェックできる方法もいくつかあります。

 

1.息を吐いて確認しよう

 

息を吐くといってもその辺にただ吐くだけではありません。
コップやビニール袋に向かって息を吐けば、自分の口臭を簡単にチェックすることができます。

 

けれども、実際に口から吐き出す息と、密閉空間とはいえ何もないところに吐き出した息では香りの強さも違います。

 

これは、香りの強いものを食べた直後に確認するための口臭チェック方法に良いのではないでしょうか。

 

2.唾液で確認しよう

 

唾液の香りを嗅げば、口臭に近い香りを感じることができるでしょう。
そのため、手の甲などを舐めてかいで見ると、自分の口臭を簡単にチェックすることができます。

 

これは屋外でもどこでも気軽にできるので、ちょっと気になったときのセルフチェックにぴったりなのではないでしょうか。

 

ざっくりと香りが強いかどうか知ることができるので、普段から唾液でセルフチェックをしてみてください。

 

3.湯銭にかけて確認しよう

 

より確実に、自分の口臭を知りたいのであれば湯銭にかけてみましょう。

 

ビンの中に唾液を多めに入れます。
目安量は20から30mlほど、スプーン2杯程度です。

 

そこに歯茎を拭いたコットンを入れて湯銭にかけてみましょう。

 

そうすると、自分の口内環境を再現することができます。湯銭にかけたとき蒸気として出てきた香りがあなたの口内の香りです。

 

簡単に確実に、第三者視点で自分の口臭を知ることができるでしょう。
少し勇気がいるかもしれませんが、どうしても口臭が気になったときにはぜひチャレンジをしてみてください。

 

 

○口臭のセルフチェックを習慣つけよう

 

簡単なチェック方法から確実なチェック方法まで、実は口臭をセルフチェックする方法はとてもたくさんあります。

 

特に最近は口臭チェッカーのようなもっと簡単に、どれだけの度合いなのか数値で測ることもできるアイテムも発売されています。

 

そのため、口臭が気になる人はまずは自分でチェックをしてみてください。

 

ただし、一番確実なのは、第三者の意見です。

 

口臭はとても指摘しにくい部分なので、第三者から口臭について言われたことがないという人がほとんどでしょう。
しかし、もし他人から指摘されたことがあるのであれば、我慢できないくらい強い口臭であったり、頻繁に口臭がきつくなっているという証拠です。

 

口臭がきつい、というのは勇気のある指摘なんです!

 

もしどうしても気になったときは、セルフチェックも良いですが家族などに聞いてみるのも良いかもしれませんね。本当に指摘しにくい部分ではありますが、ご家族であれば正直に教えてくれるでしょうし、口臭だけではなく体臭などの印象も第三者目線で教えてくれるでしょう!

 

そして、口臭に悩んでいることを打ち明けたら食生活や生活習慣での改善を協力してくれるはずです。

 

自分だけで悩まず家族の協力を得つつ、口臭を改善してみませんか?